2017年05月03日

オリジナルフィギュアを作る。その2の3

IMG_1540.JPG
アクリルガッシュで彩色。

IMG_1543.JPG

全て筆塗り。

IMG_1542.JPG

IMG_1541-e2b79.JPG

でも、なんか気に入らないのでとそうしなおします。

IMG_2181.JPG

サフを吹いて、表面処理のやり直しです。


IMG_2183-4ea15.JPG

モールドがダルくなってしまわないように、サフは軽く吹きます。


IMG_2182-966ef.JPG

今度はエアブラシで彩色していきます。
塗料はアクリルガッシュの水溶き。
エアブラシのメインテナンスがすこぶる楽チンです。


IMG_2197-31940.JPG

今回肌色は少し濃いめの基本色とします。


IMG_2195-1f5ad.JPG

肌の基本色が吹き終わっら少し白を加えて明るく調色した肌色を上を向いた面に軽く吹きます。



IMG_2196-ef6fc.JPG

肌色が吹き終わったら、半ツヤクリアを吹いておきます。
アクリルガッシュは定着力が弱く、この後のマスキング作業に備えて表面保護のためにコーティングしておきます。
posted by よっしー at 17:59| Comment(0) | TrackBack(0) | フィギュア

継続高校のBT-42を作ります。その1

タミヤのBT-42を、ガルパン劇場版に登場する継続高校所属車両として制作します。


IMG_2364-cb72a.JPG
劇場版公開当時に市場から一気に姿を消してしまい、一時は入手困難な状態でしたが、今では他のタミヤキット同様難なく手に入ります。
劇場版公開時、各模型誌で作例が掲載されるも、作りたくてもブツが手に入らないという苦い思いをしたのは、僕だけではないと思います。


IMG_2361-391f3.JPG

キットは、最近のタミヤ製なので何のストレスもなくサクサクと組んでいけます。
いつものタミヤキット同様、足回りから組んでいきます。
履帯は分割組み立て式ですが、ドイツ車両などと比べても貧弱と言うかシンプルな作りなので、指で癖をつけてたわんだ感じを出してやれば、重みで転輪上部に垂れ下がった状態を簡単に再現できます。


IMG_2362-5e6e9.JPG

履帯と転輪の間に、流し込み接着剤をタップリ流し込んでしっかり乾燥させます。


IMG_2365.JPG

転輪はいつものタミヤキット同様ポリキャブが使われているので、ちょっとした工作で・・・

IMG_2366.JPG

ぱかっとロコ組み!

IMG_2367.JPG

実はポリキャップで着脱可能と思いきや起動輪だけが自動車のリンケージのような構造をしていて、車台にしっかり接着されているので、画像の爪楊枝の先の部分を匠のノコでぶった切ります。
これで後々の塗装がとても楽チンになります。


IMG_2368.JPG

キット付属のエッチングパーツも要所を抑えていて容易に細密感を演出してくれます。

IMG_2369.JPG

ここまでは、ガルパン仕様として手を加えるてころは見当たりません。
サクサクと気持ちよく組んでいきましょう。


IMG_2370.JPG

「アハトゥンクガールズアンドパンツァー2」のBT-42の設定画をじっくり見ていると、キットにはないディティールをいくつか発見します。
例えば車体後部左右の予備履帯が取りつけられているあたりに、謎のヒンジ(?)のようなものが見えます。

IMG_2371.JPG

このパーツはタミヤキットにはありませんが、キット付属の現存実車の写真には写っています。
真鍮線で再現してやります。


IMG_2372.JPG

車体上面に備えられたジャッキ台は、継続高校車両では取り払われ、台受け部がむき出しです。
キットではジャッキ台本体と一体成型になってしまっているので、台受け部をプラバンででっち上げます。


IMG_2373.JPG

車台前方左右に、謎の鉄板が貼り付けられてます。
ブラバンで再現。


IMG_2375.JPG

左右で鉄板の位置が微妙に違うので注意ですネ。

posted by よっしー at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | ガルパン

メーサー殺獣砲を作ります。その1

東宝怪獣映画の最高峰「フランケンシュタインの怪獣サンダ対ガイラ」に登場する東宝自衛隊オリジナルメカ、メーサー殺獣砲を作ります。


IMG_2097.JPG

waveから最近再発されたけど、作例は随分と昔に手に入れていたもの。
もちろん、再発版も手に入れることができました。


IMG_2098.JPG

1/87というAFVではあまり見慣れないスケールです。
鉄道模型では、HOゲージに相当するスケールですね。
架空のメカとはいえ自衛隊所属の車両ということで、角張ったフォルムとオリーブドラブの成型色が気分です。


IMG_2213.JPG

まずはメーサー砲本体を引っ張る牽引車から製作していきます。
元となった撮影用ミニチュアは、米戦車チャーフィーのミニチュアの車台部分を流用しているらしく、それにしては履帯のモールドがつるんとしていて味気ないのでプラバンでそれらしくディティールアップ。

IMG_2214.JPG

ライトのモールドをくり抜いて透明パーツに置き換えたり、サイドミラーの支柱を真鍮線に置き換えたりとちまちまとしたディティールアップが続きます。


IMG_2215.JPG

組み立て説明書にもあるように、車両各所にステップ(?)を追加工作。
本キットの組み立て説明書は、インジェクションキットのものというより、メーサー砲開発史のようなものが載っていたり、遊び心あるガレージキットテイストがプンプンしてきて素敵です。

IMG_2217.JPG

前後してしまいましたが、細部のディティールアップ前には、全体に面出し、エッジ出しをしておきます。
画像の左側は、再発版の素組み(成型色が違ってますね)。
鉄板を貼り合わせた武骨な兵器感が増したと思います。

IMG_2219.JPG

次はいよいよメーサー砲本体に取りかかります。
posted by よっしー at 15:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 怪獣