2015年10月20日

スノースピーダーを作ります。

今年は待望の新作が公開されるスターウォーズイヤーということで、「スターウォーズ帝国の逆襲」に登場するスノースピーダーを作ります。
1/48です。

image-93387.jpeg

と言っても、バンダイの最新作ではなく、ファインモールド製のキットです。

image-f1fb0.jpeg

発売当初は、海外製のキットなどと比較にならない精密さが話題になりましたが、時代を経て検証が進み、撮影プロッブとの相違点なども指摘されていますね。

image-a49bf.jpeg

ま、あまり細かいところは気にせずに楽しんじゃいます。
ほぼ素組みですが、パーティングラインのスジ彫りは彫り直してます。

image-219ab.jpeg

「SW帝国の逆襲」は、全シリーズの中でも最も愛してやまない作品です。
ロードショー、レーザーディスク、DVDと何回見たことか・・・。
登場するメカもクリーチャーもみんな大好き。

image-996c5.jpeg
と、いうわけで・・・

image-f6115.jpeg

こんなのとか・・・

image-8881e.jpeg

こんなお方とかも作っちゃいます。

posted by よっしー at 11:40| Comment(0) | TrackBack(0) | スターウォーズ

2015年10月15日

1トンハーフトラックを作ります。その2

基本塗装が済んだらチッビングに入ります。
image-535b7.jpeg

水を含んだ筆で、塗装を剥がしたい箇所を湿らせて、爪楊枝でつついたりひっかいたりして、
下地のオキサイドレッドをあらわにしていきます。
一通りチッビングが済んだら、つや消しクリアを吹いて表面を保護します。
フロントガラスがマスキングされているのは、つや消しクリアがかからないためです。

image-7df2b.jpeg

足回りの塗り分けです。
フロントタイヤ、履帯と転輪ゴム部分にフラットブラックを塗ります。
完全に本体に接着してしまっているので、細吹きでこまめに吹いていきます。
とはいえ、レタッチする前提なので、わりとはみ出しなど気にせずにガンガンいきます。
そしてダークイエローではみ出しをレタッチ。

image-9594e.jpeg

ダークイエローは、薄めに希釈して何回か重ね塗りしていくときれいにレタッチできます。
あまりにきれい過ぎて、キズだらけの車体に新品のホイールみたいになってしまいました。
ハハハ・・・。

image-5161e.jpeg

この後、土汚れなどをつけていくので気にならなくなるとは思いますが、多少手描きチッビングを入れておいたほうがよさそうです。

image-73b44.jpeg

さっとつや消しクリアを吹いておきます。

image-3dffe.jpeg

メーター周りなどの細部を筆塗りして、次回はデカール貼りです。

posted by よっしー at 18:07| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV

2015年10月12日

オリジナルフィギュアを作ります。その2

前髪とポニーテールを外してピンクサフを吹いていきます。

image-bc892.jpeg
ピンクサフはラッカーうすめ液でかなりゆるく溶いて、何回も吹き重ねていきます。

image-0028b.jpeg

そうすることで、細かい磨きキズやピンホールなどが埋まっていき、肌の表面などが滑らかになっていきます。

image-ebae0.jpeg

ただし、ディティールが細かいところにあまり吹き過ぎると、そのディティールまでも潰してしまう羽目になってしまうので注意です。
特に目にあたりとか、あまりサフを盛り過ぎるとダルくなってしまいます。

image-34e71.jpeg

それでもまだ残ってしまうでこぼこなどは、サフがじゅうぶん乾いてから、再びヤスってあげましょう。

image-df485.jpeg

そしてまた吹く・・・。


image-e15ca.jpeg

ま、この繰り返しの地味ぃな作業が続きます。


image-70e30.jpeg

で、いよいよ肌を塗っていきます。
使用するのはアクリルガッシュです。
今回はここまでです。
posted by よっしー at 14:20| Comment(0) | フィギュア