2016年08月16日

西住姉妹の二号戦車F型を作ります。その2

西住姉妹の2号戦車F型を、タミヤの旧版F型をベースに、同じくタミヤの新版A型のパーツを流用して作っていきます。

image-43dcd.jpeg
いわゆるニコイチ加工です。

image-3e94a.jpeg

車体側面のフェンダーはほぼ全て削り取ってしまいます。
車体上面の吊り上げフックや、三角柱を横にして並べたような跳弾板なども削り取ります。
と、同時にヤスリによる角出しで、ダルかった旧版のエッジをシャープにします。

image-4a6e9.jpeg

右側面の機関室吸気グリルが完全に省略されてしまっているので、開口して新版パーツの流用で再現します。

image-5536d.jpeg

車体上面後部の暖気排気口のスリットの形状が、ガルパンオリジナルデザインと言うか、スリットの縦横の本数が実車のどのタイプとも違っているので、作り直すためにモールドを削り取ってしまいます。


image-d8f03.jpeg

右フェンダー上の雑具箱は、一体成型だった旧版から引き剥がしプラパンなどでディティールアップ。
ここにきて、「アハトゥンクガールズアンドパンツァー」を見ていて気付いてしまいました。アイドラーホイールの形状が、またしてもガルパンオリジナルデザインのようで、旧版F型とも新版A型とも違います。
本家「アハトゥンク・パンツァー第7集」をペラペラめくっていると、ヴェスペのアイドラーホイールの形状が似ていることを発見!
早速、積みプラの山の中からタミヤのヴェスペを発掘。

image-c0e59.jpeg

写真は左から、旧版F型、新版A型、ヴェスペのパーツです。
ガルパンデザインと全くいっしよとはいかないまでも、このヴェスペパーツに手を入れて使うことにします。

image-e40f1.jpeg

で、合体加工!


image-74c6b.jpeg

エンジン点検ハッチのヒンジを新版から移植。


image-671b2.jpeg

跳弾板も移植完了。
砲塔部分にも着手していきます。
砲塔のエッジが黒いのは、溶接跡を再現するためのアタリです。


image-34816.jpeg

で、これは西住姉妹の元です。

つづく
posted by よっしー at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | ガルパン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/176498969

この記事へのトラックバック