2016年02月16日

兵隊さんたちのフィギュアを作ります。その2

兵隊さんフィギュアの続きです。

image-70e1b.jpeg
スリングは鉛板、雑囊のベルトなどはプラペーパーなどでディティールアップ。
鉛板は、バーボン「ワイルドターキー」のボトルキャップカバー(?)を切って使用。
ただ、現行のワイルドターキーは、カバーがプラになってしまった。


image-bf89d.jpeg

塗装は、顔や手を油絵の具で、それ以外をタミヤアクリルで塗ってます。最近は、完全つや消しになるアクリルガッシュを使うことが多いんですけどね。
革製の装備品は、レッドブラウンやダークブラウンを塗ったあと、シャバシャバに溶いたジャーマングレーを重ねると革の質感が出せます。


image-aabef.jpeg

なんだか微妙にツヤが出てしまっているので、つや消しクリアーを吹いて落ち着かせたいと思います。


image-f5797.jpeg

油絵の具は、乾きが遅い分、グラデーション表現がし易く、紫や黄緑などの色味を部分的に重ね塗りする事で、より生き生きした肌の表現が可能です。


image-a8b81.jpeg

装備品の木製の部分(スコップや手榴弾のグリップ部)は、タミヤアクリルのバフを塗ってからタミヤエナメルのクリアオレンジをわざとムラが出るように塗るといい感じになります。


posted by よっしー at 15:33| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV

兵隊さんたちのフィギュアを作ります。

マーダーVに合わせるためのフィギュアを以前に作りかけていたものの中からチョイスしてみました。


image-f8967.jpeg
もとはマスターボックスのフィギュアです。
マスターボックスのフィギュアは、ポージングもよく、腕の筋肉の表現など、やるな!と思わせるポイントが多く大好きです。


image-861c6.jpeg

ただ、装備品などの表現が多少ダルかったりするので、彫刻がシャープなドラゴン製と一部差し替えてます。

posted by よっしー at 07:53| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV

2015年12月31日

マーダーVを作ります。

随分と間があいてしまいました。
車載装備品などの塗り分けをしていきます。

image-edb50.jpeg
主にアクリルで金属部品はフラットブラックで、木部はパフの上からエナメルのクリアオレンジを筆塗り。

image-777f0.jpeg

ガスマスクケースはフィールドグレー。いずれもタミヤカラーです。

image-54e7a.jpeg

このままだと随分と単調に見えますが、金属部品などは後で銀ブラシを施したりするので、ま、下地と考えて今はこのくらい。

で、デカールを貼っていきます。

image-bfbae.jpeg

マークソフターをたっぷりと塗ってからデカールを乗せて、さらに上からマークソフターを塗り、余分な水分を綿棒で軽く吸い上げて自然乾燥を待ちます。

image-43c86.jpeg

今回、キット付属のデカールではなく、タミヤの別売りドイツ軍デカールセットからチョイスしました。

image-dbabf.jpeg

次は、墨入れを兼ねたウォッシングです。
タミヤの墨入れ塗料などが手軽で便利なのですが、油絵の具をペトロールで薄く薄く希釈して塗りたくるというオーソドックスな手法を使おうと思います。




posted by よっしー at 23:50| Comment(0) | TrackBack(0) | AFV