2016年08月14日

西住姉妹の2号戦車F型を作ります。その1

ガルパン劇場版でも印象的だった、幼少期のまほみほ姉妹の愛車(?)を作ろうと思います。

ベースはタミヤミリタリーミニチュアシリーズ9番目のアイテムの「ドイツII号戦車F/G型」をベースに作りたいと思います。
これ、戦車プラモ作り始めの中学生の時、確かに作ったよなぁ…。
このキットがいまだに普通に手に入る事に感慨を覚えます。


image-2fb08.jpeg
ただ、このキットは1971年発売!!今の目で見るとモールドの甘さ、と言うかおおらかさが目立ちます。
なので、同じタミヤのMMシリーズ292番「ドイツII号戦車A〜C型」と二個イチで作って行こうと思います。

image-1c19e.jpeg

こちらは最新(でもないか)のタミヤキットなのでモールドもシャープです。
ただ基本設計からして全然違うキットどうしなので、うまくすり合わせられるか、全く確信が持てません。ま、いつものごとく現場合わせということで…。

image-5f31a.jpeg

まずは足回りから取り掛かります。
旧型(便宜上MMNO.9をこう呼びます)のシャーシに新型(MMNO.292をこう呼びます)のホイールを移植していきます。
新型のサスペンションのパーツもモールドが素晴らしいのですが、シャーシと一体成型された旧型のモールドを活かしてロードホイール、リターンローラーを新型のものに変えていきます。
旧型サスのモールドを全部削ぎ落とすのも大変そうですしね。
ちなみに、成型色がダークイエローなのが旧型、ダークグレイが新型です。白く見えるところはプラパンやプラ棒ででっち上げたパーツです。


image-016d2.jpeg
完成後はほとんど見えなくなりますが、ドライブスプロケット基部の旧型のモールドを削り取り、新型のパーツを接着します。


image-c5ccd.jpeg

同じく、アイドラーホイール基部も旧型のモールドを削り取って新型パーツを接着します。
このあと、さらに切った張ったが続きます。

posted by よっしー at 00:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ガルパン

2015年09月26日

カモさんチームのb1bis

今回、カモさんチームの3人、そど子、ごも代、ぱぞ美のフィギュアはフルスクラッチしました。

image-ac743.jpeg
スーパースカルピーで盛っては焼き、盛っては焼きしながら作りました。
まずはいったん素体(いわゆる裸んぼです)を作ってから、髪の毛や制服、スカートなどを着せていきました。

image-3bf9d.jpeg

スーパースカルピーは盛ってよし削ってよしの、造形にはもってこいの素材なのですが、いかんせんポキポキと折れやすいのが玉にきず。
最後の最後まで手足がポキポキと・・・。
めんどくさがって手足に真鍮線を仕込まなかった僕が悪いんですけど・・・。

image-2cb10.jpeg

あ、それとスーパースカルピー単体より、スーパースカルピーにグレースカルピーを混ぜ込んだほうが強度的にもいい感じ・・・ということが造形終盤になって気付きました。

塗装は、全体にピンクサフを吹いてから、アクリルガッシュの筆塗りです。
アクリルガッシュは定着力がとてもとても弱いので、肌を塗っはつや消しクリアを吹き服を塗ってはつや消しクリアを吹き・・・という作業が不可欠です。

b1bis戦車もタミヤのキットを、極力アニメ設定に近づくようにあちこち手を入れました。
模型雑誌やネットの改造記事も大いに参考にさせていただきましたが、それらにもなくて、でもstyle="font-“気づいてしまった”箇所には手を入れています。

image-80bbf.jpeg
車体後部は、背面の四つのフックを取り付ける穴を埋め、右上隅にあった突起も削り取ります。
排気管の先の向きが上を向いているのは、雑誌などでも指摘されてますが、本来ならマフラーカバーの無い中央部分もガルパン仕様ではカバーが付いているようにひとまわり太くなっているので、ウェーブのプラパイプとエポキシパテで作りなおしました。


image-4b4e6.jpeg
主砲の先や砲塔の47ミリ砲の先がひとまわり太くなっているので、ここもウェーブのプラパイプで修正。
ドライバーズハッチもプラパンとプラ棒で作り直し。


image-b44e7.jpeg
車体側面パネルの前に細かな凹みモールドが多数あるのですが、ガルパン仕様ではここはリベットになっているので、プラストラクトの丸棒をスライスしたもので再現しました。


image-19176.jpeg
砲塔下部にエポキシパテを盛ってボリュームアップしています。
砲塔吊り上げフックの位置をガルパン仕様に。
ぱぞ美の足元に見えている車体上部の手すりの形状もプラストラクトの丸棒で作り直してます。


image-c2355.jpeg
車体全面主砲下部に横向きの支持棒が、オリジナルでは二本あるのですがガルパン仕様は一本です。
支持棒付け根やその周りの装甲板の形状などプラ板、プラ棒を切ったり貼ったりしてガルパン仕様にします。


image-86b7c.jpeg
車体上面、各種ハッチ(?)の位置などがガルパン仕様では微妙に違っていて、使えるモールドは一旦切り取って、それによってできた穴をプラ板で塞ぎ、不要なモールドをなくします。ハッチのデザインが違うものはプラ板などで作り直します。アンテナ基部もオリジナルパーツをプラパイプで小改造。車体上面と側面の角がオリジナルだと45度に落とされてますが、ガルパン仕様は直角です。ウェーブの三角棒で再現します。パネルラインもずいぶん違うので、スジ彫りしなおします。モールドを削る時にリベットも一緒に削ってしまっているので、プラストラクトの輪切りで再生します。


image-0c5e7.jpeg
車体右側面のハッチも作り直し。
カモさんマークのクチバシのあたりと、向かって左あたりに、オリジナルでは縦に細長い鉄板をリベットで貼り付けたようなモールドがあるのですが、ガルパン仕様には無いので、削ってフラットにしてしまい、リベットを打ち直します。
写真では見えにくいですが、車体側面装甲板の下部に付くスカートがガルパン仕様には無く、転輪4個ずつに保護カバーが左右四つづつ付きます。これを自作して取り付け。ガルパン仕様への改造は、ざっくりこんな具合です。あと、履帯の厚みを削って薄くしてます。これは、オリジナルでもやってます。
塗装は、ガイアノーツのサフ、オキサイドレッドを吹き、マホガニーでシェイドを入れたあと、ミスターカラー127番コックピット色(中嶋系)を吹きます。ガルパンデカールを貼ったあと、つや消しクリアで保護してから、油絵の具のランプブラックとバーントアンバーをペトロールでシャバシャバに溶いて軽くウォッシング。 数色のハードパステルをカッターで削ったものを、水とアクリル溶剤で溶いたものを車体側面などに塗り付け、これを水をつけた綿棒で拭い取って軽いホコリ表現とします。履帯のサビ表現もパステルで。きっと自動車部の皆さんがちゃんと整備してくれているはずなので、チッビングはしません。最後にオリジナルb1bisとの比較写真を何点か・・・。

image-5c925.jpegimage-810d4.jpeg
image-736f0.jpegimage-c9206.jpeg

image-458ae.jpegimage-33544.jpeg

image-ed0b7.jpegimage-1a738.jpeg
posted by よっしー at 17:26| Comment(0) | ガルパン